1. HOME
  2. 取り扱い製品
  3. 杭基礎の耐震設計(H24年道示版)

PRODUCT

取り扱い製品

杭基礎の耐震設計(H24年道示版)

エクシードシリーズ

道路橋示方(平成24年3月)などに基づき、杭基礎のレベル2地震時の照査を行います。

 

通常価格:250,000円(税別)

価格: 200,000円(税別)20%OFF

(税込: 220,000円)

お問い合わせ

システム概要

「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編、Ⅴ耐震設計編(平成24年3月)」などに基づき、杭基礎のレベル2地震時の照査を行います。「RC橋脚の設計(H24年道示版)」・「逆T式橋台の設計(H24年道示版)」などと連携して計算を行うことができます。
また、液状化の検討が行えます。

機能および制限

液状化の検討

  • 地震時の液状化の判定を行い、レベル1・レベル2(タイプⅠ・タイプⅡ)の低減係数Deを計算します。
  • 流動化の判定を行います。
  • 流動化時、レベル1・レベル2(タイプⅠ・タイプⅡ)の耐震設計地盤面を設定します。
  • FL値を平均値で判定するか最小値で判定するか選択できます。
  • 地層数は30層:N値は80個まで入力できます。
  • レベル1・レベル2(タイプⅠ、タイプⅡ)の地盤面設計水平震度KhgLを任意入力できます。

杭基礎の耐震計算

  • 地震時保有水平耐力法により杭基礎の耐震設計を行います。
    • 設計ケースは次の3ケースより選択できます。(複数選択が可能です。)
      ①地盤流動が生じるケース
      ②液状化が生じるケース
      ③地盤流動も液状化も生じないケース
  • 杭種は次の6種類です。
    ①鋼管杭 ②RC杭 ③PHC杭 ④場所打ち杭 ⑤SC杭 ⑥鋼管ソイルセメント杭
  • 杭の施工方法は次の7種類です。
    ①打込み杭工法(打撃) ②打込み杭工法(バイブロハンマ) ③場所打ち杭工法 ④中堀り杭工法 ⑤プレボーリング工法 ⑥鋼管ソイルセメント杭工法 ⑦回転杭工法
  • 仮想RC断面が設定できます。
    • 平成24年3月の道路橋示方書の改定により仮想RC断面径はD+0.25D+100 (≦400mm)と定義されました。(Dは杭径で鋼管ソイルセメント杭では鋼管径)
    • 底版との結合部の照査では、杭体の破壊状態によって照査方法が異なります。
      杭体が塑性する場合 : 仮想RC断面の降伏曲げモーメント≧杭体の降伏曲げモーメント を照査します。
      杭体が塑性しない場合 : 仮想RC断面の降伏曲げモーメント≧杭頭発生曲げモーメント を照査します。
  • PHC杭では、カットオフの照査が行えます。
  • 杭の列数は、橋軸方向・橋軸直角方向ともに30列まで入力できます。
  • L/D<10の場合は、鉛直バネ算出の係数「a」の任意入力ができます。
  • 斜杭の杭長の取り方を選択できます。
  • 杭の中抜き本数は40本までできます。
  • 多層地盤系の杭ができます。層数は50層まで入力できます。
  • 免震沓の選択ができます。
    (平成24年の道路橋示方書で記載が削除されたため、平成14年の道路橋示方書に準拠した計算を行います。)
  • 鋼管杭・鋼管ソイル杭の材質を各断面で変更できます。
  • 柱保耐データで死荷重偏心無視、考慮を選択にしました。
  • 作用力算出根拠の出力ができます。
  • 1本(1列)杭に対応できます。
  • 高強度鉄筋(SD390、SD490)への対応できます。
    降伏強度を「軸方向鉄筋」「斜引張鉄筋」とそれぞれ入力できます。
    高強度の斜引張鉄筋は、降伏強度の上限値をσsy=345としております。

簡易版カタログはこちら

製品の機能・価格等、カタログ掲載事項が予告なく変更となることがあります。 最新の情報は綜合システム社ホームページでご確認下さい。